近場で本格的なご当地以上のグルメ

グルメはしょうゆから。今女性もしょうゆにこだわり貯蔵倉を見学する見学者があとをたちません。

近場で本格的なご当地以上のグルメ

グルメそれは木の大ダルでしっかり仕込んだむらさきにあり

グルメを語るならしょうゆ貯蔵倉へ、こだわりがみえてきます。しょうゆの貯蔵倉は、入った瞬間からフルーツの香りがします・蔵にならぶ木の大ダルからそんなかおりがしてきます。大ダルに要領は1000リットル出来上がる直前のタルの中は醗酵菌の宝庫、お宝・お宝・壁や張りにも菌は住み着いて、しょうゆ蔵の古い歴史を垣間見ることができます。さてこちらのタルでは、小麦と麹菌をじっくりまぜあわせじっくり醗酵させています。

菌で黄色く変化したら、大豆を回転させながら蒸す・蒸し終わったらべルトコンベアーでこうじ蔵へ・小麦と麹菌で黄色く変化したところに蒸した大豆が入れられ、さらにしょうゆのあの色に変化するまでかきまぜながらねかせておきます。酒ズクリと同じエノながーい物でかき回す職人さん。後の出来上がる頃合いがわかると言います。リピーターは、ただただ感心してみつめるばかり。大きな袋を用意してしぼりとる。こす作業をする職人さん。タルの脇に細クチをつけてふくろをむすび、重石をつけて・こしてゆきます。これではリピーターがつくわけだと思いました。

じっくり熟成されたしょうゆは、フルーティーで極上の味です。こだわりのリピーターがいる限り。