近場で本格的なご当地以上のグルメ

毎日予備校に通い詰めの予備校生のランチやグルメ事情について、具体例を挙げて説明したいと思います。

近場で本格的なご当地以上のグルメ

予備校生のグルメ事情

予備校生は、一般的な学校と同様、朝から授業がある場合がほとんどです。そこで、昼食をはさむことになるのですが、このランチ事情について詳しく説明します。東京の大手予備校には学生食堂があるので、そこを利用する学生は多いでしょうが、大半は食堂は完備されていません。そこで、親御さんが作ってくれたお弁当を持参する学生もいますが、その人数は半分ほどでしょうか。聞くところによると、お弁当が必要な兄弟がいるご家庭はお弁当持参率が非常に高いです。では、お弁当持参をしない学生はどういう風に食事するのでしょうか。

弁当持参のない学生は一日500円の昼食代をもらうことが多いです。一番メジャーなところでは、予備校から近いコンビニの利用です。予備校昼食時間のコンビニの混雑はかなりひどく、たまたま居合わせた人はうんざりするほどです。しかし、コンビニも案外あれこれ買うと高くついてしまいますので、近場の食堂を使う学生もいます。うどんなどの手軽なものだと300円以内で収まるといいます。またクチコミで500円でおいしいランチが食べれるなどと予備校内での情報も回ります。このように、予備校生は、ただお弁当を食べるだけでなく、リフレッシュを兼ねて個々でちょっぴりグルメ気分を味わって、日々のストレスやプレッシャーと戦っているのです。