近場で本格的なご当地以上のグルメ

グルメな食べ物を買って、おすそ分けができるときもあればできない時もあり、上手く回っているのかもしれません。

近場で本格的なご当地以上のグルメ

グルメのおすそ分けをできる状況は

嫁いだ姉と、結婚せずに二人とも独身でいる私と妹は、ありがたいことに経済環境にそれほど違いがありません。姉は二人の子供の教育費がかかるころ、実家である我が家から、グルメな食べ物をいろいろ持ち帰らせてもらっていました。もしお嫁さんがいたら、こんなわけにはいかないと母と私たちとで話していましたが、私たちは少なからず、自分たちの生活費が姉の家の食べ物代になっているのを、不愉快に感じるときがありました。

けれど、子供がいると親がタイヘンなのもわかります。今になって、姪っ子が無事社会人になり、甥っ子の大学生活も残すところあと2年となり、姉のお財布には少々ゆとりが生まれたのでしょう。さまざまなグルメ商品が買える会員制のお店に行っては、まとめ買いをして我が家にも分けてくれます。今、我が家は認知症の父の介護もあって、これからどれだけお金がいるかわからないことから、私と妹も二人で貯金をしていることを姉は知っています。それもあって、せめてグルメのおすそ分けをしてくれるのかなと思うと、過去に狭い心を持ったことを後悔しているのでした。