近場で本格的なご当地以上のグルメ

新幹線の延伸で一気に距離が近づいた青森県、旅行に来た際に絶対に押さえておきたいグルメの情報をお伝えします。

近場で本格的なご当地以上のグルメ

青森に旅に来たら絶対に押さえたいグルメとは

青森県は、日本の県の中でも結構有名な県ではあります。しかし、北海道などと違い今一つ旅行の際のグルメについては知られていないような気がします。そこで、今回は広い青森のおすすめを地域別にご紹介してきたいと思います。

青森県は大きく「津軽」と「南部」地域に分かれます。厳密にいうともう少し詳しくなるのですが、今回は大きくこの分類で話を進めます。まず「津軽」のグルメのご紹介です。津軽地方は青森市や弘前市、五所川原市などがあります、まず思いつくのはリンゴだと思いますが、あえて私は「ヒラメ」をおすすめします。実はヒラメは青森県の県の魚であり、その身の肉厚さは他の追随を許しません。刺身にしても良し、煮つけても良しで絶対に押さえておきたい青森グルメです。

次に「南部」のグルメのご紹介です。南部地方は八戸市を中心とした地域ですが、こちらのおすすめは「馬肉料理」です。八戸というとせんべい汁が有名ですが、南部地方は古くから馬の生産も盛んに行われてきました。三戸郡五戸町付近では、多くの馬肉料理屋さんが立ち並びます。これらの店では、通常の馬刺しや桜鍋のみならず、心臓やレバーといったなかなか馬肉ではお目にかかることの出来ない部位も楽しむことができます。普通のガイドではなかなか触れられない青森グルメの魅力を是非とも堪能に来てください。