近場で本格的なご当地以上のグルメ

グルメに関する批評が世間に溢れている。贈り物の評価サイトまである昨今、作り手には強い心が求められる。

近場で本格的なご当地以上のグルメ

グルメとその批評と作り手について

グルメな人に食べ物の贈り物をするのは難しい。何を贈っても批判されそうな気がしてしまうからである。しかしながらグルメと呼ばれる人にも様々な人が居るようである。ひたすらレストランの料理を批評する人がいるかと思えば、自分で作ってしまう人も居る。食べてのグルメと作り手のグルメが存在するわけである。これだけ、ネット社会になれば料理を出すレストラン側も、客にいったいぜんたい何を書かれるか分からず気を使わざるを得ないだろう。

レストランからお取り寄せをしたものを贈り物にした場合も同じである。お取り寄せは買う側にも売る側にも便利なシステムであるが、それだけ批評に晒されることにもなりかねないのである。北国で取れたものが南国で生まれた人の口に合うとは限らない。しかしながら、一旦贈られてしまうと、それはもう食べ手に批評されることを待つことしかできないのである。レストランの経営者にはそれなりに、強い心臓が求められるのかもしれない。