近場で本格的なご当地以上のグルメ

来日外国人が増え、彼らが驚くのは日本の文化や風習。中でもB級グルメや日常食料品のおいしさは特筆物だそうです。

近場で本格的なご当地以上のグルメ

来日外国人が驚く日本のグルメ

外国から日本を訪れる人が2013年は1千万人を超えて、観光地ばかりでなく、普通の地方都市でもその姿を見るのは稀ではありません。観光であれビジネスであれ、日本を訪れる外国人が驚くものの一つに、おいしい食べ物が沢山あるということがあります。昔からの日本の食の代名詞的なスキヤキ、スシ、テンプラといった値の張ったものでなく、ラーメンやカレーライス、焼き鳥などの安価なB級グルメが人気と聞きます。また、スーパーやコンビニなどでも普通に売っている食パンやフルーツ缶詰なども、彼らの母国のそれと比べて、信じられないほどおいしいと言います。

確かに外国を旅行していると、やたらと甘かったり、バター風味が強かったり、固かったりと、手軽で安くておいしい食品に出会う機会は少ないと感じた人も大勢いるはずです。外国では一般に、うまい食品は高いもの、まずい食品は安いもの、という割り切った市場原理が浸透している気がします。その点、日本人は安くてもうまい物を作ろうという、物作りに創意工夫を凝らす職人気質が根底にあるのだと思います。

ネットで調べようとしているなら、専門サイトをおさえましょう