近場で本格的なご当地以上のグルメ

オシャレな居酒屋さんでアルバイト時代に学んだ料理の盛りつけ等を家でも実践。目でも楽しめるグルメな料理の工夫。

近場で本格的なご当地以上のグルメ

アルバイト先で学んだ目でも楽しめるグルメ料理。

18歳の頃から何年かずっと居酒屋さんでアルバイトをしていました。居酒屋さんと言ってもざっくばらんな大衆居酒屋ではなく、少しオシャレな創作料理を主に提供するような居酒屋さんでした。週末にはサラリーマンや若い人、グルメな方を中心にとても繁盛していました。僕は接客を担当でしたので料理は全く手を出していませんがそこでは料理の盛りつけ方等を見ていてとても刺激を受けました。料理って味はもちろんなんですが盛りつけ方ひとつで全く印象が変わってしまうのです。

ただのつまみ一つにしてもお皿の趣味や大葉を下に敷くだけで全然イメージが変わります。例えばサラダ等は緑色の野菜が多いのですがそうすると緑一色になってしまいます。そこで赤や黄色のピーマンなんかをのせるだけで印象が変わりとても美味しそうに見えるんですね。今は夫婦二人で暮らしていますがたまに僕も料理をする事があります。味より見た目を意識する僕は細かな食材を沢山入れて調理します。出来るだけ単色にならないようにとか、盛りつけ方だとか。けっしてグルメではないのですが目で楽しむ料理に気をつけて楽しく料理をしています。

ネットで調べようとしているなら、専門サイトをおさえましょう